未来の暮らしが輝くように私たちがしっかりと貯蔵します
TOP > 会社案内 > ご挨拶

ご挨拶


代表取締役社長 峯 雅夫


エネルギー資源に乏しい我が国では、原子力発電は安全性の確保を大前提に、エネルギーミックスの中での重要なベースロード電源と位置付けがなされ、資源の有効利用等の観点から、原子燃料サイクルの推進を基本方針としています。

当社は、原子力発電所から発生する使用済燃料を、再処理するまでの間、安全に貯蔵・管理することを目的に、日本初の使用済燃料中間貯蔵事業者として平成17年11月に設立され、以来事業開始の準備を進めてまいりました。


地元むつ市をはじめ青森県の皆さまならびに関係ご当局の皆さまのご理解とご協力をもちまして、平成22年5月に事業許可をいただき、平成25年8月には貯蔵建屋を完成させることができました。また、平成26年1月には事業変更許可申請を提出し、現在は、新規制基準への適合性確認審査に取り組んでいるところですが、先の東京電力ホールディングス(株)福島第一原子力発電所の事故については同じ原子力事業に携わる者として極めて重く受け止め、安全性向上への取り組みに終わりはないという意識の下、安全を第一義に事業を進めてまいる所存です。

   

これまでご協力いただいてきた皆さまの思いや信頼にお応えできるよう、全社員一丸となって安全への取り組みと情報公開を徹底し、原子燃料サイクルの一翼を担う我が国初の使用済燃料中間貯蔵事業者として、その責務を全うしてまいりたいと考えていますので、引き続きご支援を賜わりますようよろしくお願い申し上げます。


サイトマップお問い合わせリンク集