未来の暮らしが輝くように私たちがしっかりと貯蔵します
TOP > 会社案内 > 事業概要

事業概要

運営計画  施設計画  安全対策  リサイクル燃料備蓄センター イメージ図

1.運営計画

2.施設計画

3.安全対策

リサイクル燃料備蓄センターは、国による厳格な安全審査を経て、貯蔵事業の許可を受けたのちに、建設・事業開始することになりますが、金属キャスクや貯蔵建屋などの施設設計にあたっては、2013年12月に原子力規制委員会で策定された新規制基準にもとづき、放射性物質の閉じ込めや放射線の遮へい、臨界防止や除熱などの基本的安全機能を確保します。 また、地震や施設の火災、竜巻などに対しても、新規制基準にもとづき万全の安全対策を取ることとしております。

リサイクル燃料備蓄センターイメージ図(3,000トン規模)

【約131m×約62m(高さ)約28m】

サイトマップお問い合わせリンク集